NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  研究所紹介  >  所長あいさつ
研究所紹介
所長あいさつ

アクセスサービスシステム研究所 所長 小林 正樹(こばやし まさき)

NTTアクセスサービスシステム研究所
所長 小林 正樹

 

 情報通信の多様化により多彩なICTサービスが急速に発展してきている今日、情報通信ネットワーク上の情報量はますます増大していく傾向にあります。

 NTTアクセスサービスシステム研究所は、このような将来的な情報量の増大にも十分に応えられる高速な光サービスを実現するため、光アクセスシステムの高度化や新しい構造の光ファイバの研究などの先進的な研究開発に取り組んでいます。

 光サービス開通コストの低廉化、開通の迅速化を図るとともに、光アクセスネットワークの保守・運用性の向上を実現する各種技術の研究開発はもちろんのこと、地震や津波など広範な地域の被災時にもブロードバンドサービスを早期に復旧して提供するための高速な無線・衛星通信システムを介した回線開通の自動化技術や、光ファイバケーブルの被災そのものを防ぐ地下管路構造やケーブル収容技術などの通信基盤技術など、災害に強いアクセスネットワークシステムの研究開発を通じて、より多くのお客様が、安心・快適な環境で光ブロードバンドサービスをいつでも便利にご利用いただける情報ネットワーク環境の実現を目指していきます。

 また、世界でも最大規模の光ブロードバンドサービス利用先進国となった日本の光アクセスサービスシステム技術の研究開発成果の国際標準化や海外への展開の支援活動にも積極的に取り組むことにより、NTTグループのグローバル展開を支える活動も推進しています。

 私たちNTTアクセスサービスシステム研究所は、これらの研究開発活動を通じて、ブロードバンドユビキタスコミュニケーションの発展による豊かで快適な社会を実現するため、光を中心にした高速アクセスネットワーク基盤の拡充、新たなアクセスサービスの創造・拡大への貢献を続けてまいります。