NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第80号(2014_03)  >  1  >  1.本技術の仕様および性能
ANSL R&D Times

1.本技術の仕様および性能

図表1に本技術の仕様および性能を示します。NTTのマンホール鉄蓋は上蓋と受枠によって構成されていますが、本技術は2.7mm以上の段差量を持つ「鉄蓋の上蓋と受枠の間に生じる凹または凸の段差」と「鉄蓋の受枠と路面との間に生じる凹または凸の段差」を検出することができます。

 

前
デジタルカメラでマンホールの鉄蓋点検を安全かつ効率的に
カテゴリートップ
TOP
次
2.画像解析による段差計測の流れ