NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第96号(2017_03)  >  1  >  1.5Gモバイルと無線LAN
ANSL R&D Times

1.5Gモバイルと無線LAN

 第5世代移動通信システム(5G)では従来の1,000倍の大容量化等が目標として掲げられ、2020年もしくはそれよりも早い時期の実用化に向けて世界中で技術検討が進んでいます。大容量化に向けては、セルラ通信用の周波数リソースが限られていることから、無線LANをセルラ通信に積極的に活用する動きも活発化しています。5Gでは複数の異なる無線アクセス技術を組み合わせたヘテロジーニアスネットワークが想定されており、無線LANもユーザデータを収容する無線セルの1つとして、これまで以上にセルラ網との融合が進むことが予想されます。

 

図2 5Gモバイルにおける無線LANの活用

 

図2 5Gモバイルにおける無線LANの活用

前
混雑した場所での無線LANの通信容量を拡大!
カテゴリートップ
TOP
次
2.無線リソース制御エンジン技術