NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第96号(2017_03)  >  1  >  混雑した場所での無線LANの通信容量を拡大!
ANSL R&D Times

混雑した場所での無線LANの通信容量を拡大!

モバイル連携無線LANシステム制御技術

スタジアム等の稠密環境において、モバイル回線と連携することで無線LAN機器同士の電波の干渉を抑制し、無線LANの通信容量を増大する技術をご紹介します。

背景

増加するモバイルトラフィック収容のため、無線LANは第5世代移動通信システム(5G)を構成する無線アクセスの一つとして期待されています。
スタジアムやショッピングモール等で稠密に無線LANアクセスポイント(AP)が設置されるような環境では、機器同士の電波の干渉が問題となり、通信容量が思うように増大しない課題があります。
概要

この課題を解決するため、図1に示すように、無線リソース制御エンジン技術によるネットワーク側からの無線LAN APの設定や端末の帰属先の制御、モバイル連携制御技術(*1)によるモバイル回線を活用した無線環境情報の収集・制御、分散スマートアンテナ技術による干渉の抑制を行います。これらの技術により、稠密環境においても無線LANシステムの通信容量を従来の2倍以上に向上させます。

 

図1 高密度環境における無線LANの容量増大技術

 

図1 稠密環境における無線LANの容量増大技術

 

 

*1:本(研究成果)報告には、総務省からの委託を受けて実施した「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発」の成果の一部が含まれています。

今後の予定
2017年にフィールドでの実証試験を行い、2020年以降の5Gのネットワークへの適用をめざします。
担当者
無線アクセスプロジェクト 次世代大容量無線グループ
鷹取 泰司(グループリーダ)
市川 武男(主幹研究員)
秋元 守(主任研究員)
松井 宗大(主任研究員)
河村 憲一(主任研究員)
石原 浩一(研究主任)
アベセカラ ヒランタ(研究主任)
村上 友規(研究主任)
猪木 亮慶(研究員)
カテゴリートップ
TOP
次
1.5Gモバイルと無線LAN