NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第97号(2017_05)  >  1  >  2.帳票スキーマ認識技術
ANSL R&D Times

2.帳票スキーマ認識技術

 帳票スキーマ認識技術は、電子帳票の罫線枠で囲われた領域を要素として帳票のデータ構造を認識します。罫線枠で囲われた領域を背景色に基づき項目名、項目値、その他のいずれかに分類します。次に項目名と項目値の組合せから様式内部の表{1)縦表と横表、2)直交表、3)縦列挙と横列挙}を抽出します。さらにこれらを組合せて構成される複雑な様式を認識するため、包含関係を用いた認識処理を行い帳票スキーマの認識を行います。様式の配置によらないロバストな認識を実現しています。
 

 

図3 帳票スキーマの認識イメージ

図3 帳票スキーマの認識イメージ 

前
1.電子帳票認識とデータ操作技術の詳細
カテゴリートップ
TOP
次
3.帳票スキーマを用いたデータ操作技術