NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第97号(2017_05)  >  2  >  1.ネットワークリソース管理技術
ANSL R&D Times

1.ネットワークリソース管理技術

 従来のネットワークオペレーションの課題を解消するための一つの取り組みとして、OSSで管理する情報モデルを統一化する取り組みがこれまでなされてきており、具体的にはTM Forumで議論されている情報フレームワーク(SID:Shared Information/Data Model)があります。

 本アーキテクチャでは、SIDの Logical Resourceのうち代表的なEntityとして3種のEntity(Termination Point Encapsulation(TPE:通信プロトコルのレイヤ毎の終端点)、Network Forwarding Domain(NFD:TPE間の接続関係を表し、各レイヤにおける情報転送が可能な領域)、Forwarding Relationship Encapsulation(FRE:NFD上に生成され、情報転送のパスの実体))を採用しています。SIDでは、これらの汎用的なEntityを組み合わせてマルチレイヤの通信プロトコルの管理に必要な管理情報を表現することが可能です(図2)。

 しかしながら、統一的な情報モデルを採用するだけでは新たなネットワーク装置の追加による管理属性の変更に伴うOSSのDBや管理機能への影響を排除しきれません。

ネットワークリソースエンティティ

 

図2 ネットワークリソースを表現するEntity

 

 本アーキテクチャでは、上記の汎用的なEntityに対して通信プロトコル毎の特性を追加しプロトコル毎に異なる情報を保持する機構を備えます。SIDではEntityの仕様を規定する“Specification“クラスと、その仕様を特徴付ける属性を規定する”SpecCharacteristic”クラスが定義されています。また、SIDのEntityに対してプロトコル毎の特性を表す属性値を規定する”CharacteristicValue”クラスが定義されています。本アーキテクチャでは、これらの仕様(Specfication)、属性(SpecCharacteristic)、属性値(CharactristicValue)を用いることでプロトコル毎の特性を共通の汎用Entityに持たせることを可能としています(図3)。

 

SpecificationとEntity

 

図3 SpecificationとEntity

前
いろいろなネットワークを、かんたんに提供/監視します
カテゴリートップ
TOP
次
2.技術適用イメージ