NTTアクセスサ−ビスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第99号(2017_09)  >  2  >  3.現場における未入孔点検の運用方法
ANSL R&D Times

3.現場における未入孔点検の運用方法

本技術は、点検者が地上の作業のみで、マンホール本体点検を安全かつ短時間に実施することを可能とします。点検者は図5に示すような運用方法で点検を実施し、装置の設置から 点検、撤去までを従来の入孔点検と同等である15分で完了することができます。

 

図5 未入孔点検の運用方法 

 

前
2.技術のポイント(劣化部位を自動検知する画像処理システム)
カテゴリートップ
TOP